ご説明 特定非営利活動法人
最高の名医は自分自身であり  
最高の妙薬は自らの体内にある  
   
気功文化センター
 NPO Qigong culture Center

 ホーム  お知らせ  気功文化
センタ-とは
伝統気功 健身気功 気功教室
催し・講習会

行事予定表
 医療気功  気功文化
気功の科学
気功の豆知識
気功療術師
養成講座
通信コース
入会のご案内 
リンク
お問い合わせ
   気功文化センターとは / 会長ごあいさつ理事長ごあいさつ / ロゴマークについて

ごあいさつ

 会長 町 好雄
 

 

  かねてより劉超先生を始め、多くの同じ思いであった人々が望んでおりましたNPO気功文化センターが東京都の認証手続きを経て設立できました。
 
 本センターは多くの人々が、健康で幸せな日々を送ることができますように、東洋の長い歴史の中で育まれた気功文化の普及と研究をして行こうと、科学者、気功師さらに気功文化に興味を持った人達で設立をしたものです。

 20年ほど前には、気功(気候)と言いましても、お天気のことですか、などといわれたものですが、すっかり日本に定着し、東京だけでも数千の気功教室があるようです。
それだけ気功が国内でも広まったことであると思います。

 しかし気功を正しく学ぶことができるようにするために、良い指導者で組織を固め、気功を正しく教え、かつ学ぶ環境が必要と考えております。
 もう一方、気功による効果を科学的な立場から学習していただけることも必要であろうかと思います。簡単に言えば、車を運転する場合には実技だけではなく法規を勉強することが必要で、車の両輪のようなものではないでしょうか。

 気功はもともと中国の伝統医療あるいは健康法であるわけですが、いまや、米国、ヨーロッパまで広がり、多くの人々が気功を健康法として錬功をされておられます。米国での学会に参加しますと青い目をした気功師も拝見しております。
 誰しも病にかかって苦しむよりも、病にかからない方法、中国では未病という言い方をしていますが、病気にかからないために気功を学ぶことはすばらしいものと思います。

 最近、医学の世界でも西洋医学のみではなく、世界各地に残る各民族の伝統医療が見直されてきており、それらを合わせて統合医療という考え方が医学の世界で注目されております。
 その中で気功も人間の知恵で古代からこのようにすればということが気功の始まりだと考えております。

 この度、発足したNPOを発展させるためには会員の増員、気功に対する良い教育環境と気功の科学的な研究結果を皆様に還元できるように努力したいと考えております。
 また、渥美和彦先生が代表をされておられる日本統合医療学会との関係を強めることができればと考えております。

 このNPOに御参加の皆様の御協力、御援助を切にお願いしたいと考えております。

 終わりに当たって、より一層の健康を維持あるいは健康を回復されますことを期待し、また、この会への御鞭撻をお願い申しあげます。
        

町 好雄 略歴 
         
1940年 三重県生まれ
東京電機大学大学院工学研究科修了 (工学博士)

元人体科学会理事、元国際生命情報科学会会長、同理事長 
現在東京電機大学工学部電子工学科名誉教授、
本業はエレクトロニクスであるが、二十年ほど前に気功に 興味を持ち、現在は伝統医療あるいは統合医療に興味を持ち 科学的な計測を行っている。

気功関係の著書
『気を科学する』、 『科学がとらえた超能力の正体』、 
『気は脳の科学』、『気への正体』、 『統合医学基礎と臨床』など
 
  

                                

      上に戻る